東京都千代田区で昭和3年創業の額縁専門メーカー。オーダー額、特注額も承ります!

トップ > 額選びガイド

額選びガイド

  • 額縁の選び方
  • マットを使って額装してみましょう
  • フレームの構成とパーツ
  • 絵の美しい飾り方

絵の美しい飾り方

一枚の絵をちょっとしたスペースに飾るだけで、お部屋が華やかな空間に生まれ変わったり、落ち着いた雰囲気になったり・・・暮らしに彩りを添えてくれます。
でも高い絵や版画を買うのは躊躇してしまう、何を飾ればいいのかよくわからない・・・という方は、まずはお手軽なポストカードやポスターから始めてみてはいかがでしょうか。
是非お気に入りの作品を飾ってインテリアを楽しんでみてください。
ここでは、絵を美しく飾る方法をご紹介します。

額縁を飾る前の準備

(1)フックの種類

壁へ取り付けるときは額縁用のフックを使用します。額の大きさや重さ、壁の材質に合うフックを選びましょう。
壁にフックが付けられない場合、ワイヤーで吊り下げて飾ることもできます。

1.1本フック

板や石膏ボードの壁の場合に適しています。
軽い絵を掛けるにはこれで十分です。

2.2本フック

2本の釘を打つことで重さが分散するので少し重い額を掛ける時に適しています。

3.ピンが細いタイプのフック

ピンが細く壁の穴が目立たないのでおすすめです。

4.コンクリート用のフック

細いコンクリートピンを4本壁に打ち込んでいく。一般家庭でも容易に取り付けが可能です。
ただし、コンクリート、モルタルの種類、築年数によって打ち込めない壁もあるので注意が必要です。また重量のある額装品には向いていません。

ドリルで穴を空ける必要のあるフックは業者に頼んで付けてもらった方が安心です。

★他にもフックを多数取り揃えております。

(2)額にヒモを取り付ける

額縁の上から1/3の位置にヒモを通す金具を取り付けます。
上すぎるとヒモやフックが見えてしまい、また下すぎると壁にかけた時に安定感が悪く落下してしまう恐れがあるので注意します。

また、外側に向かって薄くなっているモールディングの場合、外側に金具を付けると表面に釘が飛び出してしまう恐れがあるのでなるべく内側に取り付けます。

ヒモは真ん中で結ばないようにしましょう。
額をかける時に、結び目がフックに当たるのを避けるためです。結び目は中央を避け、左か右寄りに結びます。
また、ヒモをあまりたるませると額から見えてしまうので注意しましょう。

額縁を飾る手順

(1)額縁を飾る位置を決める

額縁を両手でかかえ壁にあてて、ベストな位置を決めます。
絵の映える位置を見つけるのは難しそうですが、ポイントは自然とそこに向けられる目線の高さに合わせること。
例えば、玄関や廊下など立つことが多い場所に飾る場合は立った時の目線を意識するとよいですしダイニングやリビングに飾る場合は座った時の目線にも気を配るとよいです。

また、まわりの家具やオブジェの位置関係やサイズのバランスをよく見ながら飾りましょう。
例えば、サイドボード等近くに家具がある場合は家具の中心と絵の中心を合わせるとバランスよく見えます。

できれば1人が額縁をもち、もう1人が少し離れたところから他の物とのバランスを客観的にチェックし微調整をしながら決めるのがよいでしょう。

(2)フックを取り付ける位置を決める

位置が決まったら額縁の裏に手を入れてひもの中央を指でとらえ上にピンと張り取り付けるフックの壁の位置を指で押さえます。
額縁を取りのぞき、指が押さえている地点に鉛筆で×をつけます。
大きい額縁の場合は手伝ってもらうのがよいでしょう。

(3)フックを固定する

マークした×は釘を打ちこむ場所ではなく、ヒモをかける場所なので気を付けましょう。
大きい額を飾る場合は、X印を真ん中にしてフックを二本離して取り付けます。
重量が分散されるのと、掛けた時に額が傾かず安定します。
フックを取り付けたら額縁をかけます。

複数の額縁を飾る場合

床の上に絵を並べて、色々な組み合わせを試してレイアウトを決めます。
複数の絵を壁に飾る場合は、飾った時の全体の外側のラインをイメージするのが大切です。
外側のラインが長方形や正方形楕円等、ひとつの額縁のようにすると美しく見えます。

壁にフックを取り付ける前に、絵と同じ大きさの紙を切ってセロテープ等で壁に軽く止めると全体のバランスが確認できて失敗しないでしょう。
また、壁にかけるだけでなくデスクの上に並べて置いたり、床に置くのもユニークな飾り方です。

額縁を飾るときの注意点

(1)慎重な場所選び

作品は熱や湿気に弱いものです。色あせや変色、カビを防ぐためにも額縁を飾るときは直射日光のあたる場所やエアコンの吹き出し口付近の高温多湿な場所は避けましょう。

(2)安全に配慮する

地震や万が一の落下を十分に想定してソファーやベッドなど頭上に近くなる場所には安全面を十分に配慮しなければいけません。しっかり取りついているか、落下時のガラス割れを避けるためアクリルに交換する等の対策が必要です。

(3)正しい取り付けと日常の点検

額縁の落下を防ぐために、取り付ける壁の材質に合ったフックを選ぶ必要があります。
また定期的に額縁の裏のヒモを点検し、強度が弱くなってきたらすぐに交換しましょう。



用途から探す

サイズから探す

店舗案内
海外工場案内
オーダー額縁

営業日カレンダー

今月(2018年11月)
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
翌月(2018年12月)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
(      発送業務休日)